August 13, 2020

アートプロジェクト プロデュース集団 WATOWA galleryは、8月31日(月) ~ 9月6日(日)の期間中、現代日本画家 大竹 寛子のソロエキシビジョン『多面体 / polyhedron』をプロデュース・ディレクションし、オルタナティブスペースelephant STUDIOにて開催します。日本画の伝統的な技法を基に、"流動的な瞬間の中にある恒常性"をテーマに、箔や岩絵具を用いて新たな表現を展開し、国内外で高く評価される大竹 寛子の作品をお楽しみください。

e-DM-polyhedron-150-dpi.jpg

概要

名称:『多面体 / polyhedron』 by Hiroko Otake

期間: 2020年8月31日(月) 〜 9月6日(日) 12:00〜18:45

会場: elephant STUDIO 1F - 2F

        東京都渋谷区渋谷2-7-4   

※アポイント制 

こちらのリンクよりご予約ください。

https://polyhedron.peatix.com



///
Producer's words

常に変容し続ける現代日本画家・大竹寛子。

彼女は、相反するコトの中にある美しさを模索し、日本画の技法を用いて現代アーティストとして活動している。

モチーフとて多く扱う花や蝶といった生命の中に、一見すると燃やしたり溶かした様な破滅的にも感じる表現方法は、美しくも儚い生命の循環や変容の神秘を感じさせる。

日本画のテクニックや日本的感覚を新しい表現方法として観る側に感じさせる作風は、アーティスト大竹自身として変容し続けるコトでもあり、自然摂理と現代社会との相互関係を紐解こうとする姿勢そのものだとも言える。

今展では、これまでの表現方法をさらに進化させ、多面体-polyhedron- として彼女の様々な側面を1階・2階とに分けて展示し、自身初となるインスタレーションにも挑戦している。コロナ以降の新時代におけるアーティストの変容や、モノの捉え方・考え方における「普通」と「変容」といった相反するコトが共存する中にある『普遍』を感じさせる作品群になるだろう。

今まで普通だと考えられていた認識や思想、社会全体の中での価値観が劇的に変容し続ける現代において、アートが持つ普遍的な存在価値を改めて感じてもらいたい

 

Exhibition producer : TAKAhiro Komatsu ( WATOWA INC.)

 visual2.jpg

 

Artist's profile

大竹 寛子 Hiroko Otake

2006年東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、2011年同大学大学院美術研究科博士課程日本画研究領域修了、美術研究博士号取得。2014年東京藝術大学 エメラルド賞 受賞。2015-2016年文化庁新進芸術家海外派遣制度によりニューヨークに滞在。2019ローマ教皇来日に伴い、バチカン市国に作品「Psyche」を寄贈。長年研鑽を積んだ日本画の伝統的な技法を基に、箔や岩絵具を用いて新たな表現を展開し、国内外で高く評価されている。





<<注意>>

※コロナの影響のため、1つの枠で、5組(1チケット2名様まで)を想定しております。
※アポイント制となります。1フロアの入場人数を制限しておりますので、お待ちいただく可能性があります。ご予約のないお客様のご来廊は遠慮させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。
*発熱や咳等の症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
*ご来廊の際はマスク着用のご協力をお願いいたします。
*コロナ感染拡大予防のため、ご来場の皆さまのご署名、住所、ご連絡先をいただきます。

<個人情報について>

WATOWA INC. は、アポイントメント登録、イベント・エキシビション等へのご参加、ご来場の際にお客様からお預かりしたお客様に関する情報を、以下の目的のために利用させていただきます。

・アポイントのためのやり取り及びご来場時の対応
・今後のイベントやエキシビション等のご案内、メールマガジン等のご送付
・お問合せやご相談等への対応

お客様に関する情報の確認・訂正等のご要望その他のお問い合わせにつきましては、本サイト上の「CONTACT」よりご連絡をお願いいたします。



///
ART IN TIMES OF CORONAVIRUS

FASHIONからARTまで幅広い分野で演出を手掛ける小松隆宏(WATOWAI NC.)率いるアートプロジェクト プロデュース集団 WATOWA galleryは、アートは社会を豊かにする力を持っていると信じ、新型コロナウィルスにより危機的状況にある社会の中、困難な時だからこそ、アートを部屋に飾ることで、少しでも"HOPEFUL"な気持ちになって欲しいという願いを込め、6月より注目のアーティストによるエキシビジョンをオルタナティブスペースelephant STUDIOにて継続的に開催しています。